カテゴリー別アーカイブ: ニュース・情報

1000万から秋華賞に挑戦した馬の過去結果。スマートレイアー、ティアーモは通用するのか?

秋華賞はローズS組がかなり優勢というのは昨日書きましたが、今年の秋華賞には1000万を勝ってそのまま出てくる馬が3頭います。

まずスマートレイアーですが前走の夕月特別を勝って4戦3勝。鋭い決め手を持っていて勝ちっぷりが鮮やかですし、ディープインパクト産駒に鞍上は武豊騎手と人気になる要素も揃っているため、デニムアンドルビー、メイショウマンボに続く人気はこの馬という事にもなりそうです。

もう一頭ティアーモですが、こちらも西海賞を勝って4戦3勝。負けたのはオークス6着ですからこちらの方が中身は濃いとも言えます。スマートレイアーに比べると派手さはありませんが、前々でレースを進められる強みはあります。

ビーナストリックも1000万を勝っての参戦となりますが、1200mでの勝ちあがりで前述の2頭に比べれば注目度は下がりますね。

では過去10年の秋華賞で、条件戦から参戦した馬の成績をまとめてみます。数が多いので10番人気以内、もしくは5着以内としました。

前走条件戦からの秋華賞
(10番人気以内または5着以内)
馬名 前走 前走着順 秋華賞
13 スマートレイアー 夕月特別(1000) 1人気1着
13 ティアーモ 西海賞(1000) 2人気1着
13 ビーナストリック 羊ヶ丘特別(1000) 6人気1着
12 アロマティコ ムーンライトH(1600) 1人気3着 6人気3着
12 ハワイアンウインド 夕月特別(1000) 1人気1着 4人気13着
09 モルガナイト 夕月特別(1000) 1人気1着 6人気12着
09 パールシャドウ ルスツ特別(1000) 2人気1着 10人気13着
09 ホクトグレイン 習志野特別(1000) 3人気1着 9人気16着
08 ブライティアパルス 夕月特別(1000) 6人気1着 13人気4着
07 タガノプルミエール 西海賞(1000) 1人気1着 8人気16着
06 ブルーメンブラット 大倉山特別(1000) 1人気1着 6人気8着
05 ニシノナースコール 五頭連峰特別(1000) 5人気1着 5人気3着
05 オリエントチャーム 藻岩山H(1000) 1人気3着 11人気4着
03 メイショウバトラー 野分特別(1000) 2人気1着 7人気7着

連対馬はおらず、ニシノナースコールと、1600万で3着していたアロマティコの2頭が3着までという結果で、厳しいの一言です。
ただ人気はハワイアンウインドの4番人気が最高で、今回のスマートレイアーはこれらの過去10年の条件戦からの挑戦馬の中では最も期待されていると言えます。

もっと前まで振り返れば、2000年にティコティコタックが大倉山特別(当時の900万下)から10番人気で秋華賞を制している例や、96年のエリモシックがファビラスラフィンの2着に入っている例もありますので、可能性としてはもちろんスマートレイアーにもティアーモにもありますが、そう簡単な事ではないという事ですね。

やはりこの過去結果からは勝つまでは難しいと見るのが妥当で、あっても3着まで、という事になってしまいますね。

やはりデータからはローズS組からという感じです。

デニム、マンボ、エバー。過去のオークス上位馬のローズS→秋華賞を参考にすると

秋華賞で一番人気が予想されるデニムアンドルビー。脚質的な問題で京都2000を不安視される向きもありますが、データからはどうなのかという面で見てみます。
※データは特に注釈がなければ過去10年です。

秋華賞はとにかくローズS組が強く、過去10年の連対馬20頭のうち16頭が前走ローズSという極端な偏りがあります。ローズS組が連対を外したのは06年の1回のみで、この年はオークスから直行したカワカミプリンセスが1着、7月のアメリカンオークスからのアサヒライジングが2着となっていて、それぞれオークス1,3着馬ですから、ただ実績馬がローズSを使ってこなかったという見方もできます。

それだけローズS組が好成績を残しているのですが、阪神1800になった07年以降のローズS勝ち馬の秋華賞を見てみると、

07年以降のローズS勝ち馬のオークスと秋華賞
馬名 オークス ローズS 秋華賞
13 デニムアンドルビー 1人気3着 1人気1着
12 ジェンティルドンナ 3人気1着 1人気1着 1人気1着
11 ホエールキャプチャ 2人気3着 1人気1着 1人気3着
10 アニメイトバイオ 11人気4着 4人気1着 6人気2着
09 ブロードストリート 6人気4着 5人気1着 3人気2着※
08 マイネレーツェル 9人気9着 7人気1着 5人気15着
07 ダイワスカーレット 1人気1着 2人気1着

※09年ブロードストリートの秋華賞はブエナビスタの降着による繰り上げ2着です。

人気薄でローズSを勝ったマイネレーツェル以外は全て秋華賞3着以内と好走していますが、勝ったのはジェンティルドンナとダイワスカーレットの春クラシックも制していた2頭だけです。
デニムアンドルビーは桜花賞にも出走していませんので、このデータからは1着はないと言いたいところですが、数も少ないですし言えるのはジェンティルドンナやダイワスカーレットほどの信頼性はないという事だけですね。

ではローズS勝ち馬が負けている11,10,09,08年に勝っていたのはどんな馬かというと…

11年アヴェンチュラは2歳時から注目されていた馬で、阪神JFの後故障で春シーズンを棒に振り、夏場に1600万、クイーンSと古馬相手に連勝。今年このタイプの馬はいませんね。

10年アパパネはご存知牝馬三冠馬ですからこの時点では春の二冠馬。ローズSにも出走していましたが1番人気ながら4着。

09年レッドディザイアはオークス2着馬で、ローズSは1番人気ながら2着。

08年ブラックエンブレムはオークス4着で、これもローズSには出走していて4番人気15着と大敗しています。ちなみにこの時のローズSは重馬場でした。

こう見るとオークスで先着していた馬がローズSで負けても巻き返すパターンばかりです。

今年のオークスでデニムアンドルビーに先着しているのは勝ったメイショウマンボと2着エバーブロッサムで2頭ともローズSに出走していました。ちょうどいいのでオークス1,2着馬がローズS、秋華賞と使った場合もまとめてみます。

オークス1,2着馬のローズS、秋華賞
馬名 オークス ローズS 秋華賞
13 メイショウマンボ 9人気1着 4人気4着
13 エバーブロッサム 5人気2着 2人気14着
12 ジェンティルドンナ 3人気1着 1人気1着 1人気1着
12 ヴィルシーナ 2人気2着 2人気2着 2人気2着
11 エリンコート 7人気1着 3人気10着 5人気10着
10 アパパネ 1人気1着 1人気4着 1人気1着
09 レッドディザイア 2人気2着 1人気2着 2人気1着
08 トールポピー 4人気1着 2人気6着 1人気10着
07 ベッラレイア 1人気2着 2人気2着 3人気4着

オークス連対からローズSを使って秋華賞という王道路線を進んだ馬で、秋華賞でも連対できたのはジェンティルドンナ、ヴィルシーナ、アパパネ、レッドディザイアの4頭という事になり、桜花賞、オークスとも連対していた馬ばかりになります。
その他の馬はローズSの着順から巻き返せておらず、そういう面では今年のメイショウマンボ、エバーブロッサムはちょっと頼りないという事になりますね。

ただこの集計期間にジェンティルドンナ、ヴィルシーナ、アパパネ、ブエナビスタ、レッドディザイアと多くの春二冠連続連対馬がいますし、07年に関してはオークスにウオッカとダイワスカーレットが出ていませんのでどの程度参考になるかは微妙ですね。

今年は特に春の牝馬クラシックが荒れていますので、信用に足りる馬はいないと思ってもいいのかもしれません。
ただやはり春の実績組、ローズS組が有利というのはデータ上では確かですので、阪神JF、桜花賞、オークスのいずれかのG1で5着以内に走っていて、ローズSを使っていた馬という絞り方をすると…

デニムアンドルビー
メイショウマンボ
エバーブロッサム
コレクターアイテム
ローブティサージュ

となります。
ここにローズS組の上位シャトーブランシュとウリウリを加えた7頭までが、強く推せるデータではありませんが秋華賞で来やすいパターン、という感じですね。

秋華賞登録馬26頭。デニムアンドルビー、メイショウマンボ中心にスマートレイアーも注目

10月13日に行われる秋華賞の登録が行われ、26頭が登録を行いました。
紫苑Sを回避したサクラプレジールも登録していますね。
レッドオーヴァル、スイートサルサ、クラウンロゼなどは短距離路線になるようで、登録がありませんでした。

デニムアンドルビー
シャトーブランシュ
ウリウリ
セキショウ
リボントリコロール

ここまでが優先出走権を持っている馬です。以下賞金順。

メイショウマンボ
ローブティサージュ
エバーブロッサム
サクラプレジール
ノボリディアーナ
コレクターアイテム
スマートレイアー
ティアーモ
ビーナストリック
マコトブリジャール
セレブリティモデル
トーセンソレイユ
リラコサージュ

ここまでで18頭となります。
あとは回避がでれば

プリンセスジャック
ウインプリメーラ

の順で出走可能。あとは900万組の6頭です。

アサクサティアラ
アドマイヤイチバン
ディアデラマドレ
トーセンアルニカ
ラキシス
リメインサイレント

注目はやはりデニムアンドルビーとなりますが、ローズSでも後方からの競馬になってしまい、内回りの京都2000でどういう乗り方をしてくるかですね。
あとはオークス馬メイショウマンボ、1000万を快勝して武豊騎手が乗る予定のスマートレイアーも人気になりそうです。

サクラプレジールはまだ分かりませんが、坂路には入っていますし出てくる可能性が高そうです。

サクラプレジール紫苑Sを回避。秋華賞は未定

オークス14着のサクラプレジールは予定していた紫苑Sを「トモの具合が今ひとつ」という事で回避。
今後は様子を見てという事になりそうです。

オークスは大敗したものの、デビュー2連勝でフラワーCを制した素質からも秋には期待してみたい一頭ですが、スタートから少し躓いてしまいました。
症状としては軽微なものなので、すぐに回復する事も考えられますが、春の時点でも体質に不安があるようなコメントはありましたし、少し心配ですね。
ここは大事にいくのかなという感じはしますが、何にせよきちんと能力が発揮できる状態でのレースが見てみたい一頭です。

フラワーC勝ち馬で、オークス14着後は休養しているサクラプレジール(美・尾関知、牝3)は、中山開幕週の秋華賞トライアル・紫苑S(9月7日、OP、芝2000メートル)で始動する予定だったが、態勢が整わないため、出走を見送ることになった。尾関調教師は「乗ってみた感じからトモ(後肢)の具合が今ひとつだし、前肢の歩様も硬くなっているので…。ひとまず、来週は使わないことにしました。もう少し厩舎で様子を見ながら、今後のことを考えたい」と説明した。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130830/ope13083005010001-n1.html

アユサン脚部不安で年内は休養へ。

桜花賞馬でオークス4着のアユサンは左前の腱周囲炎で年内は休養する事になりました。
秋華賞へ向けての主力の1頭で、ローズSからの予定でしたがこの離脱は残念ですね。

この後は放牧へ出され、年明けに帰厩。ヴィクトリアマイルを目指していく予定のようです。

桜花賞では7番人気のアユサンが勝ち、オークスでも9番人気のメイショウマンボが勝利と波乱が続いた牝馬クラシックですが、秋華賞はどうなるのでしょうか。
メイショウマンボ、デニムアンドルビー、レッドオーヴァルらが出走を予定しているローズSが例年通り最も重要なトライアルレースになりそうです。

今年の桜花賞馬アユサン(牝3歳、美浦・手塚厩舎)が左前脚に不安を発症、秋は全休することが分かった。手塚調教師がけさ、明らかにした。

 同馬は先週22日に左前脚の球節部に腫れがみられ、経過を観察してきたが、28日のエコー検査で腱周囲炎と診断された。秋はローズS→秋華賞を予定していたが、オーナーサイドと協議の結果、回避が決定。31日に北海道日高町の下河辺牧場に放牧に出る。今後は来年早々の帰厩を目指し、目標は5月のヴィクトリアマイルとなる見込み。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130829/ope13082911380011-n1.html