メイショウマンボがオークス、秋華賞の二冠達成

メイショウマンボがオークス、秋華賞の二冠達成

秋華賞

1着 メイショウマンボ
2着 スマートレイアー
3着 リラコサージュ

牝馬三冠レース最後の一冠秋華賞は、デニムアンドルビー、スマートレイアー、メイショウマンボの三強というオッズ構成になり、僅差の3番人気に支持されたオークス馬メイショウマンボがオークスに続き二冠達成となりました。
2着に後方から追い込んだスマートレイアー、3着には15番人気のリラコサージュが入り、デニムアンドルビーは4着まで。

勝ったメイショウマンボは中団外目を追走し、4コーナーでデニムアンドルビーが来てからの追い出し。直線を向いてからも鋭く他馬を突き放す完勝でした。
道中から4コーナーでの位置取り、追い出しのタイミング、全てが上手く噛み合った形で武幸四郎騎手の好騎乗ですね。
これで文句なしで世代トップの牝馬となります。今後はまだ決まってはいないようですが、エリザベス女王杯が有力でしょう。
京都の2200は特に問題はないでしょうし、出てくれば有力候補の一頭になりそうです。

2着スマートレイアーはスタートで後手を踏んで後方からの競馬。スタートが悪くても慌てず後方から進めた事が結果的には良かった形ですね。
思い通りにレースを運べなかった事はキャリアの浅さという事なのでしょうが、展開が向いた分はあってもきっちり2着に来ているのは力がある証拠ですし、武豊騎手もさすがですね。
今後はエリザベス女王杯には向かわず一息入れるとの事です。復帰戦が試金石となりますね。

1番人気のデニムアンドルビーは4着。スタートは悪く後方からになった事は想定内だったと思いますが、積極的に捲っていった事が結果的には裏目に出てしまった感じですね。
ただ後方で溜めたスマートレイアーもメイショウマンボには届いていないのですから、デニムアンドルビーは勝ちに行った結果の敗戦と捉えれば騎乗ミスとは言えません。
元々京都2000は合わないと言われていましたし、外回りになるエリザベス女王杯でどこまでやれるかというところでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)