1000万から秋華賞に挑戦した馬の過去結果。スマートレイアー、ティアーモは通用するのか?

1000万から秋華賞に挑戦した馬の過去結果。スマートレイアー、ティアーモは通用するのか?

秋華賞はローズS組がかなり優勢というのは昨日書きましたが、今年の秋華賞には1000万を勝ってそのまま出てくる馬が3頭います。

まずスマートレイアーですが前走の夕月特別を勝って4戦3勝。鋭い決め手を持っていて勝ちっぷりが鮮やかですし、ディープインパクト産駒に鞍上は武豊騎手と人気になる要素も揃っているため、デニムアンドルビー、メイショウマンボに続く人気はこの馬という事にもなりそうです。

もう一頭ティアーモですが、こちらも西海賞を勝って4戦3勝。負けたのはオークス6着ですからこちらの方が中身は濃いとも言えます。スマートレイアーに比べると派手さはありませんが、前々でレースを進められる強みはあります。

ビーナストリックも1000万を勝っての参戦となりますが、1200mでの勝ちあがりで前述の2頭に比べれば注目度は下がりますね。

では過去10年の秋華賞で、条件戦から参戦した馬の成績をまとめてみます。数が多いので10番人気以内、もしくは5着以内としました。

前走条件戦からの秋華賞
(10番人気以内または5着以内)
馬名 前走 前走着順 秋華賞
13 スマートレイアー 夕月特別(1000) 1人気1着
13 ティアーモ 西海賞(1000) 2人気1着
13 ビーナストリック 羊ヶ丘特別(1000) 6人気1着
12 アロマティコ ムーンライトH(1600) 1人気3着 6人気3着
12 ハワイアンウインド 夕月特別(1000) 1人気1着 4人気13着
09 モルガナイト 夕月特別(1000) 1人気1着 6人気12着
09 パールシャドウ ルスツ特別(1000) 2人気1着 10人気13着
09 ホクトグレイン 習志野特別(1000) 3人気1着 9人気16着
08 ブライティアパルス 夕月特別(1000) 6人気1着 13人気4着
07 タガノプルミエール 西海賞(1000) 1人気1着 8人気16着
06 ブルーメンブラット 大倉山特別(1000) 1人気1着 6人気8着
05 ニシノナースコール 五頭連峰特別(1000) 5人気1着 5人気3着
05 オリエントチャーム 藻岩山H(1000) 1人気3着 11人気4着
03 メイショウバトラー 野分特別(1000) 2人気1着 7人気7着

連対馬はおらず、ニシノナースコールと、1600万で3着していたアロマティコの2頭が3着までという結果で、厳しいの一言です。
ただ人気はハワイアンウインドの4番人気が最高で、今回のスマートレイアーはこれらの過去10年の条件戦からの挑戦馬の中では最も期待されていると言えます。

もっと前まで振り返れば、2000年にティコティコタックが大倉山特別(当時の900万下)から10番人気で秋華賞を制している例や、96年のエリモシックがファビラスラフィンの2着に入っている例もありますので、可能性としてはもちろんスマートレイアーにもティアーモにもありますが、そう簡単な事ではないという事ですね。

やはりこの過去結果からは勝つまでは難しいと見るのが妥当で、あっても3着まで、という事になってしまいますね。

やはりデータからはローズS組からという感じです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)