雨のローズSはデニムアンドルビーが直線一気の差し切り。シャトーブランシュ、ウリウリも秋華賞出走権

雨のローズSはデニムアンドルビーが直線一気の差し切り。シャトーブランシュ、ウリウリも秋華賞出走権

ローズS

1着 デニムアンドルビー
2着 シャトーブランシュ
3着 ウリウリ

雨が強く降る中、重馬場で行われたローズSは道中最後方から進めたデニムアンドルビーが直線差しきって1着。2着にも外から追い込んだシャトーブランシュ、中団からしぶとく伸びたウリウリが3着となり、ここまでの3頭が秋華賞への出走権を手にしました。

勝ったデニムアンドルビーですが、やはりスタートからの位置取りには課題が残りますが、直線を向いてからはさすがに決め手は鋭いですね。
馬場コンディションの割には前が速くが流れた事もあって展開は向きましたが、それにしても素晴らしい末脚でした。
ただ秋華賞は京都の2000mで内回りコースとなります。今回のような位置取りでの競馬になると、小回りの3,4コーナーで今回のように押し上げられるかという部分が問題になります。前の動き方によってはかなり外を回される可能性もありそうです。
ある程度長い脚は使えるようなので、3コーナー過ぎからの押し上げがスムーズにいけば、秋華賞でも最右翼という評価でいいでしょう。
そこでモタつくようだと直線は短く平坦ですから、前を捕まえきれない場合も想定できます。

2着シャトーブランシュは芝のレース4戦目になるのですが、全て渋っているという珍しい馬ですね。
前走の500万も不良馬場で勝ってきていて、後方から直線勝負という乗り方も展開にハマりました。
秋華賞も馬場が渋れば気にしなくてはいけない馬ですが、良馬場で走っていないのは評価としては非常に難しく、勢いでどこまでといったところでしょうか。

3着ウリウリは内々を回って直線に入ってから外に出すいい形の競馬ができました。
外から伸びた2頭に最後交わされたのは仕方ないと思いますし、何よりこの馬にとっては権利がとれたのが大きいですね。
とにかく大きく負けていない馬ですし、今回の上位2頭よりも乗り方には幅がありそうです。秋華賞でも十分に期待できる一頭なのではないでしょうか。

4着メイショウマンボも最後少しきつくなりましたが、トライアルとしては十分な結果でしょう。
こちらは今回よりも京都2000mの方が適性はありそうですし、デニムアンドルビーに次ぐというかほぼ同等の評価をしても良さそうです。
オークスは9番人気と人気薄での勝利となりましたが、秋華賞では主力の1頭として良いレースを見せてほしいものです。

2番人気ながら14着に終わったエバーブロッサムは、初の関西遠征の影響もあったのかオークス以来の休み明けながらマイナス体重。レースでも行き脚がつかず着いていくのに精一杯というようなレースでした。
輸送や雨、馬場の影響など色々と考えられますが、結果としては走れる状態になかったという事でしょう。
これが今後どう影響するのかは分かりませんが、秋華賞に向けてという意味では評価は落とさざるを得ません。
秋華賞までの中間にも注意する必要がありそうです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)