サクラプレジール紫苑Sを回避。秋華賞は未定

サクラプレジール紫苑Sを回避。秋華賞は未定

オークス14着のサクラプレジールは予定していた紫苑Sを「トモの具合が今ひとつ」という事で回避。
今後は様子を見てという事になりそうです。

オークスは大敗したものの、デビュー2連勝でフラワーCを制した素質からも秋には期待してみたい一頭ですが、スタートから少し躓いてしまいました。
症状としては軽微なものなので、すぐに回復する事も考えられますが、春の時点でも体質に不安があるようなコメントはありましたし、少し心配ですね。
ここは大事にいくのかなという感じはしますが、何にせよきちんと能力が発揮できる状態でのレースが見てみたい一頭です。

フラワーC勝ち馬で、オークス14着後は休養しているサクラプレジール(美・尾関知、牝3)は、中山開幕週の秋華賞トライアル・紫苑S(9月7日、OP、芝2000メートル)で始動する予定だったが、態勢が整わないため、出走を見送ることになった。尾関調教師は「乗ってみた感じからトモ(後肢)の具合が今ひとつだし、前肢の歩様も硬くなっているので…。ひとまず、来週は使わないことにしました。もう少し厩舎で様子を見ながら、今後のことを考えたい」と説明した。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130830/ope13083005010001-n1.html

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)